四十肩、五十肩にお悩みの方へ

肩が上がらない、肩が痛くて眠れない・・・・日常生活に困っている茨木市在住のあなたへ

こんなお悩みはありませんか?  

  • 肩が痛いので、夜寝る時どんな体制で寝ようかと悩んでいる。
  • 痛み止め、湿布、注射を受けてみたが痛みが引かない。
  • 病院、整骨院、整体院と色々と通ってみるが変化がない。
  • 肩の痛みは無くなったが、肩が上がりにくくシャツやスーツが1人で着にくい。
  • 肩だけでなく、首や背中にまで痛みが広がってきた。

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。茨木市で開業して12年!!

当院ならそのお悩みを改善できます!

四十肩、五十肩の原因について

四十肩、五十肩の原因は以下のようなものがあります。

原因1:外傷性

転倒して手首や肩を痛めて、肩を動かさなくなりそのま四十肩、五十肩の様になってしまう場合があります。(四十肩、五十肩ではありません)

四十肩、五十肩と同様、肩をうごかせない状態ですが、肩の内部を損傷している場合がありますので、まずは整形外科にて精密検査を受けてください。

原因2:原因不明 

50歳代を中心とした中高年に「明らかな外傷無く」生じ、疼痛と関節拘縮(関節が硬くなり、動きが悪くなる状態のこと)を主徴候とする病態を四十肩、五十肩と呼ぶ。肩関節周囲炎という病名は、四十肩、五十肩と同義に用いられる場合と、年齢に関係なく広い範囲の疼痛性疾患を指す場合がある。

四十肩、五十肩の病因は不明であるが加齢による軟部組織(腱板、上腕二頭筋長頭腱など)の退行変性を基盤として、肩峰下包や肩関節に炎症性病変を生じ、関節包が短縮して肩甲上腕関節の運動制限(肩を動かしにくくなる状態)を生じると考えられている。自然治癒する傾向も強いが、その理由はよくわかっていない。

(医学書院 標準整形外科学(第9版)より抜粋)

以上のようにはっきりした原因は不明であり、自然に治ることもあります。

原因3:姿勢の悪化 

当院で良く見かけるタイプです。

首や肩甲骨が痛いと来院されるのですが、調べていくと肩の関節がうまく動いていない患者さん。更に調べていくと背中の真ん中や首の下あたりから前傾している(猫背になっている)

猫背によって肩が前方向に傾いている為、肩本来の動きが出来ません。姿勢の悪い状態を続けていると、肩の動きも悪くなっていきます。痛みがなくても、早いと20代から肩の動きに制限が出ている患者さんもおられます。

このような方は四十肩、五十肩予備軍と考えられます。

ご安心下さい!当院が辛い四十肩、五十肩からあなたを救います!

上記の原因1~3の様に、四十肩五十肩になる原因の一つには、「姿勢に問題」がある方から起こります。姿勢を作っているのは「骨盤と背骨」です。

当院では「骨盤と背骨」を「正しい位置に矯正」することで症状を改善していきます。施術方法は「背骨をゆっくりと揺らして」整えていくので、痛みは伴いません。茨木市でこの施術を行っているのは当院だけです。また部分的に肩の動きが悪い方は、マッサージ等はせずに「動かして」施術していきます。

痛みの状態、動きが悪くなってからの期間、施術を受ける間隔によって施術期間は変化します。

「姿勢をよくする」事と同様に「四十肩、五十肩」の施術は1日で全て痛みを取り除くことは難しいです。

どうしてその期間が必要なのか?なぜその処置がいいのか?患者さんが自分自身ですれば良いこと、悪いことは何か?も詳しく説明いたしますのでご安心ください。

もう四十肩、五十肩が治らないと諦めなくて大丈夫です。

何をやっても治らない、どこに行っても治らないとお考えのあなた!!当院にはその痛みを改善できる技術があります。一度ご相談下さい。