肩こりと腰痛の関係

こんにちは。当院の患者さんのお悩みの中でも多くを占める「肩こり」と「腰痛」について書いてみたいと思います。

皆さんは「肩こり」と「腰痛」は別物と考えておられる方が多いかもしれません。でもほとんどの場合は「同じ理由」による場合が多いです。それはいわゆる姿勢不良です。

なんだそんなことか・・・それなら私も知っているし、姿勢は変わらないよと思ったそこのあなた!!

自分の体の事なんでしっかり考えてみてください。

私自身幼少より非常に姿勢が悪くて、腰痛に肩こり、頭痛・・・しまいには座骨神経痛(太ももやふくらはぎがシビレたり、つっぱる状態になります)になりました。現在の施術に出会うまではマッサージをメインとして施術を行っていたので、患者さんから「肩がパンパンなんで思い切り押してくだい。」とか「腰しんどいから、今の押し方やったら足らんからもっと押して」など私にも肩や背中に負荷がかかり、かつ体を捻りながら施術していたので自分自身も腰痛発症と散々な状態でした。「マッサージやってるからしょうがないよね・・・」「同じ効果か今以上の効果がでる施術方法はないのかな?」と日々思っていました

つまり皆さんと同じで・・・ぶっちゃけ「このまま同じことやってたら治るわけない」と考えてたわけです。事実体のケアをほぼしていなかった私は、年齢を重ねるごとに体がボロボロになっていき「電車で長椅子に15分座ることもしんどい」体になっていました。座る姿勢が悪すぎて背中が緊張して「吐き気」がするんです。そこまでになると一緒に頭痛とのコラボが始まります(涙)

そのころ、偶然現在の施術方法を知り、マッサージに限界を感じていたので数カ月で10年以上続けていたマッサージ施術を辞めてしまいました。

マッサージを辞めた時期から「自分の姿勢改善」について真剣に取り組みました。並行して患者さんにも「細かく」姿勢指導していきました。ただ最初は「カタログかその辺のインターネットで紹介されている」体操の指導でした。自分でもやってみましたが、毎日継続するには難しい(ていうかしんどい)ものがほとんどで継続して出来ている方はほとんどいませんでした。なんとか毎日できて簡単な方法はないかな?と考えて今の方法にたどり着きました。

私自身姿勢が悪くならないように、ほぼ毎日実践しています。継続していくと感じたことが3点あり、普段車に乗っていると「ヘッドレスト」に頭がついたことが無かったんですが気が付けばつくようになったし、なにより「吐き気や頭痛」から解放されました。

最後に一番びっくりしたのが「見える風景が変わった」ことです。

通勤で歩いていたり、駅までの道をのんびりスーパーカブで走っていると・・・「あれ?こんな風景やったかな?ん?そういえば下ばっかり向いてたからか」と気づきました。近くまで来ないとわからなかった患者さんに早めに気がついたり、遠くまで見るようになったのでさらに安全運手も出来るようになりました。

姿勢不良って変わっていきます。良い方にも悪い方にも。

やらずに放置して「重篤な腰痛で動けなくなる」か「毎日肩こりと頭痛のコラボ」を我慢するのか?薬でごまかすのか?我慢できるから!もう何年も続いているから大丈夫・・・自分に対して「いいわけ」し続けますか?

適度な睡眠、適度な食事、適度な運動が出来ていて、ストレッチも姿勢体操もインターネットで見てやってるから大丈夫な人はそのまま継続してくださいね。どうすればいいのかわからない方、違和感程度だけど将来心配な方、肩も背中も腰もパンパンに張っているけどそん私は無理?と考えている方・・・前向きに今の状況を変えていこうと考えている方は一度来院してみてください。当院の施術と指導でご自身の未来を変えてみませんか?(笑)