茨木市 整骨院 痛みのない快適な生活を。交通事故治療・スポーツ障害から辛い痛みまでお任せください!

まずはじめに

施術について

交通事故専門治療

当院について

営業時間

午前 8:30~12:30
午後 3:00~8:30

定休日

日曜日・祝祭日

お電話

072-625-8605

住所

〒567-0888
大阪府茨木市駅前2丁目1-25
茨木清水ハイツ101
JR茨木駅より徒歩5分!

代表者

和田 吉弘

メールでお問い合わせ

院長ブログ

茨木市 はるかぜ整骨院 HOME > 症状別の施術例 > 肩の痛み

肩の痛み

日常的に起こりやすい痛みについての説明

肩の痛み

肩こりイメージ1

スポーツをされている患者様が、良く痛む場所です。
特に野球、バレーやラケットスポーツ(テニス等)をされている方が多く いらっしゃいます。

練習などで繰り返し同じ部分に力が加わる為、痛みが発生します。
軽い症状ならば休憩や休息を取れば治りますが、そのまま運動を続けると、最初は運動後の痛みだけだったものが、運動中や肩を動かすごとに痛みが出るようになり、最終的にはなにもしなくても痛みが出たりします。

応急処置として、痛みが出ている部分(患部)を
冷やす(アイシングといいます)を行うと軽度ならば痛みがひきます。

患部の状態が悪化する前に早めに施術にきていただくことをお勧めします。


施術の方法

肩こりイメージ2

経験上ですが、肩の痛みを持っている患者様は
他の部分、例えば、肘、腰や足元付近がスムーズに動いていない方が多いです。

施術に入る前に、患者様の体の状態を聞いて
実際その状態なのかを、関節部分を動かしてみたり、
関節の動く範囲を左右で比べたりして検査します。
(患者様が痛みや違和感を感じてる部分は
もちろんですが、その他の部分も調べます。)


肩こりイメージ3

なぜなら、他の部分が動きが悪くなっていて、 肩の部分に負担が集中して痛みが発生している場合も多いからです。

痛みがでている部分と原因となっていると思われる部分を積極的に徒手で緩めたり、動かしたり、ストレッチをしたりして施術いたします。

痛みが出ている部分の状態がひどい場合は、状況を説明してクラブ活動や、運動をやめて少し休息をとってもらったり(監督や指導者に向けて手紙や状況を書いて渡してもらう場合もあります。)病院にて精密検査を受けてもらう場合もあります。


肩が動かせない

指や手などは動くが肩を動かそうとすると激痛がはしり動かせないという場合があります。

肩が動かない(動かせない)理由は、転倒により肩や手を着いたとか、朝起きたらいきなり肩の激痛で目が覚めたなどがあります。

最初にどのような状況で痛みが発生したのか?を詳しくお聞きします。
左右の肩の動きを調べたり、手や指、肘が動くか?痺れや知覚の異常がないか?を調べます。

肩の痛みイメージ1

関節の内部の損傷が疑われたり、骨折や脳の疾患、頚部のヘルニアや、手や指の痺れがある場合は、すぐに病院を紹介いたします。

肩の関節は動く範囲が大きい関節です。

しかし、加齢や使いすぎ、などで序所に肩の動く範囲が狭まってきます。
これのひどい状態が上記のような症状ででたりします。
痛みが強い場合は患部の安静を保つために、アイシング(野球の投手が投球後に肩に巻いているものです。)をしたりして炎症が出ているのを抑えます。


施術の方法

施術は、まず、肩の周りの筋肉を緩めて、筋肉の緊張をときます。

そして、徐々に肩を動かしていきます。
肩の動かせなかった期間が長かった場合は、施術期間が長くなる場合が多いです。
自宅にて肩の動かす練習を行ってもらったりします。


はるかぜ整骨院

【住所】 〒567-0888 大阪府茨木市駅前2丁目1-25 茨木清水ハイツ101
【アクセス】JR茨木駅より徒歩五分

【営業時間】
午前 8:30~12:30
午後 3:00~8:30

【定休日】日曜日・祝祭日

【代表者】和田 吉弘 

072-625-8605

インターネット割引


メールでのお問い合わせはこちら